I participated and presented my work in "MicroRNAs Europe 2012" Meeting on 'MicroRNAs: Biology to Development & Disease' which was held at Peterhouse College of the University of Cambridge, Cambridge, United Kingdom on November 1 - 2, 2012. It was organised by GeneExpression Systems, Inc. Waltham, USA. I found it much focused meeting, and the organising committee had selected very few internationally reputed scientists from academia, biotech and pharmaceutical industry that work in the applications of RNAs towards the development of new drugs and diagnostics in order to treat diseases. It was a great opportunity for me to interact with the scientists from RNA Biology area and had discussion about there ongoing developments mainly focussing on RNA therapeutics which may also help me to improvise my current project with novel ideas and technique which I came across during the meeting. I was auspicious to present a poster titled "Selection and characterization of Regnase-1 RNA-binding aptamers to decode the regulatory mechanism played by Regnase-1". I found this meeting was magnificent opportunity for me to present and share my research with proficient scientists and professionals from the field of RNA. The primary aim of the meeting was to connect the academia and industry experts for the benefit of developing scientific and business collaborations. The conference was well organized and categorized into two days programme. The meeting was divided into eight sessions. New methods for detection, imaging and manipulation of nano-objects: going beyond fluorescence labeling and optical tweezing was presented, which I felt was very valuable. Besides many important talks, one short talk given by Nunilo Cremades, on Single Molecule Fluorescence & Imaging studies to characterize the surface of live cells was very interesting and significant area which I came across during the meeting.

It would be a great pleasure if I get such chance again in near future which can help me to link and connect RNA biology area with immunology as I am working on RNA aptamers and RNA therapeutic against molecules which have relevance in immunology. Attending this kind of greatly interactive meeting in near future will surely improvise the quality of science.

After meeting I had some great time in travelling and visiting Cambridge University and famous places of London.

I would like to thanks IFreC and the organizers and committee members for giving me a chance to attend this valuable meeting.

 

Jyoti Bala

I participated and presented my research at 5th International CVRDC-RIMD joint symposium, which held in Jeju Island, Korea. This symposium was organized by Clinical Vaccine R&D center (CVRDC), Chonnam National University, Korea and Research Institute for Microbial Diseases (RIMD), Osaka University, Japan.

 

I found this symposium was wonderful opportunity for me to present and share my research in front of accomplished scientists and professionals from the field of immunology and infectious diseases. The symposium was divided into four sessions: Immune response, Infection and Vaccine, Microbial pathogenesis and Immunotherapy. In these sessions, young scientists and researchers have presented their work and it was great opportunity for graduate student like me to listen and learn how to express your ideas and thoughts.  During this session, young researchers had chance to discuss their research and ideas with chairman, scientists, professors and medical doctors. Apart from these sessions, there was a special session presented by esteemed professors Hueng-Sik Choi and Joon Haeng Rhee from Chonnam National University. It was a great honor to listen their talk about leading topics in the field of immunology and medicine. Moreover, professors shared their great experiences and important aspects of research life. In between these sessions, we had nice and fruitful discussion about goals and perspectives of research in poster session. I enjoyed the symposium tremendously and feel so humbled by all the incredible people I met. 

 

Apart from significant discussions about research, we had great time while traveling and visit to famous places in Jeju. Moreover, food and hospitality was fantastic. I truly believe that, symposium was highly enthusiastic and valuable.

 

I would like to reiterate my thanks to organizers and committee members for giving me a chance to attend this valuable meeting. Hope to attend the symposium like this in the future.

 

Thangaraj Karuppuchamy

First of all I would like to express my gratitude to the organizers (both IFReC and the SIgN) for providing me with this wonderful opportunity to present my research in front of an esteemed scientific community.

I found the winter school on Advanced Immunology as an incredible experience. I found the debates and the talks extremely thought provoking and interesting. It was an honor meeting so many highly acclaimed professionals in the field of immunology. The evening discussions actually led us to look at more profound issues involved in science and also the daily life of researchers in different countries and in different environments. I'm left with a real feeling of having been a part of something worthwhile and uniquely dynamic.

There were a lot of stimulating and inspiring ideas to be digested afterwards when we had a critical reading of manuscript and the intensive discussions, which triggered me further to look for the theories and the current issues with a different perspective.
During each session, the participants had the unique opportunity to discuss their data and to discuss the science with the keynote lecturers, organizers, committee members and the audience comprising of young and dynamic researchers.
The evening continues with the poster sessions in a cozy and comfortable atmosphere and high standard presentations from all the participants.

The first thing which came to my mind when I thought about winter school is lot of lectures by the scientists covering the general or basic aspects in order to educate the students and to encourage the budding researchers in this field. After attending the winter school my whole idea about the winter school just changed. After listening to the talks which are so descriptive and so advanced which have actually revolutionized the world in the area of immunology and the defense mechanisms, that now I feel that this experience is no less than a world class conference or a symposium.

It would be a great pleasure if I can become a part of such highly interactive and informative programs in the future.

Sarang Tartey

Meneki Gakkai Report

I participated in the annual meeting of Japanese society for immunology, 2011 held in chiba, it was a perfect opportunity to come across with the crux of ongoing research in immunology. I was introduced to the plethora of studies currently being carried out on the rapidly growing diverse areas of immunology comprising B cell activation, T cell biology, autoimmunity, inflammation, lymphocyte development, imaging of immune responses, allergy, etc. apart from my current research interest i.e. innate immunity. I was a particularly interested in studies on the molecular mechanism for pathogen sensing, and several aspects to this were covered by different talks by some of the top notch scientists from japan and other countries , like the cell biological aspect of innate immunity about the new regulators of microbe induced trafficking of TLRs, viral non-self RNA detection by RIG-I-like receptors in cytoplasmic granules, and different signalling pathways and innate receptors involved in sensing foreign nucleic acids. 


The conference was well organized and categorized into different sessions and workshops which allowed me to divide my time effectively to attend the talks directly or indirectly related to my present research. Moreover, the symposia was in English and there were many other presenters in workshops who gave their talk in English contrary to my perception that most of the conference will be in Japanese. There were vast number of topics which interested me, some of them were studies on allergy showing role of TSLP on activation of dendritic cells and TSLP receptor mediated atopic dermatitis by langerhans cells,and new food allergy models, several posters were on different methods of generation and administeration of vaccines and test their efficacy. Others like generation of artificial lymphnodes by cell free method were also innovative ideas. The poster sessions were very interactive and informative providing me a chance to learn about the new tools, techniques and approaches to improve my research and broaden my scientific thinking . I had the opportunity to give my first ever oral and poster presentation on ``Generation and phenotype analysis of NLRC5 knockout mice``, which was a good learning experience and instilled a great a deal of confidence within me. I hope to imbibe the knowledge attained from the meeting to my research and understand the complexities of immune responses in more details. 


It was my maiden visit to chiba(Tokyo) and I quite liked the place. Altogether It was an illustrative and motivating conference for a graduate student like me and I`m looking forward to attend many more in future.


Surya Pandey

千葉県幕張メッセで開催された第40会日本免疫学会に参加してきました。

今回、全ての発表会場が近くに集まっている利便性の良さから、興味のある発表をすべからく聞いて回ることができました。また、シンポジウムの直前に日本語で行われたレビュートークは各演題の内容理解に大いに役立ちました。

個人的には、アレルギーとエピジェネティックス関連に人が多く集まっていたという印象を受けました。私もそれらに関連した研究をしているので、ポスター会場では多くの人と議論することができました。学会後には多くのメールが寄せられ共同研究の機会も得ることができました。今後、これらの研究分野の発展が楽しみです。

私の口頭発表は2日目でした。何度経験しても発表前は緊張で頭が真っ白になります。私はいつも熊ノ郷淳先生の「プレゼン12箇条」を念頭に置いて準備します。なかでも、「頭を働かせなくても口が動くまで練習する」という教えに沿って何度も練習を繰り返します。なんとか発表を済ませた後は審良先生と河合先生と3人で集まり、今回の学会で面白かった発表やこれから勢いづきそうな分野について話をしました。私は自分に関連する内容の発表を中心に聞いていたのに対して、先生方は様々な分野に目を向けられ、深く知識を広げていることとその情報量の多さを目の当たりにしました。これからは、より広く深く研究のアンテナを広げていこうと思いました。

その日の夜は懇親会に出席後、植松先生と河合先生をはじめ10名弱で飲み会に行きました。今回は研究室の大先輩にあたる竹田潔先生にも参加して頂きました。私は今まで一度も竹田先生と話をさせて頂く機会がなく、正直、私の先輩の世代のさらに先輩ということもあって、口頭発表の前以上に緊張して頭が真っ白になっていました。あいにく「プレゼン12箇条」にはこの局面の打開策までは載っておらず、あたふたしてしまいました。しかしながら、いざ話をさせて頂くと非常に気さくで優しく、竹田先生を中心にして会は大盛り上がりし、最初は1時間だけと言っていた会も閉店時間まで続きました。

今回の学会は面白い発表を聞けたり、様々な知り合いができたり、非常に充実した3日間でした。いつの日かシンポジウムで自分の研究内容を発表できるように、研究により励もうと思いました。


佐藤荘

今回、インド ニューデリーで開催されたKeystone Symposiaに参加しました。

Keystone Symposiaは生物・医学関連の様々なテーマを集めた学会であり、今回のテーマは「Malnutrition, Gut-Microbial interactions and Mucosal Immunity to Vaccines」と題したものです。現在、私は腸管粘膜の自然免疫機能の研究に従事していますが、過去には食品を介した消化管環境の修飾とそれによる生理機能の制御を主とした研究をしていたことから、今回の学会内容は今後の自分の研究の構想を踏まえての良い勉強になると植松先生にご推薦頂き、単身ながらも参加してきました。

「Malnutrition(栄養不良・栄養失調)」を中心とする問題は、学会テーマにある他の様々な要因が複合的に絡み合って成り立っています。すなわち、栄養失調は消化管の栄養吸収・防御機能の低下を誘発し、それはさらに感染症・下痢を引き起こし、それによる消化管の傷害・正常な腸内細菌叢の破綻が更なる栄養失調を引き起こすという悪循環、さらには消化管防御機能が低下した状態では感染予防のための経口ワクチンは十分な効果を発揮できない、というものです。今回の学会はそういった基本概念に関する総論に加え、病原体に対する消化管の防御機能、各機能における栄養素の役割、さらには効果的なワクチン接種の方法などについて、名立たる研究者たちが最新の研究成果を交えて講演し、栄養失調を中心とする世界的問題を解決する方法について議論するものでした。

中でも、免疫研究者の端くれとしてとりわけ興味深かったのは、ビタミンAの代謝産物であるレチノイン酸に関する講演です。ビタミンA補給が栄養失調による消化器障害を改善することは1980年代より明らかでしたが、その機構は不明でした。ところが、T細胞の消化管へのホーミング機能の獲得にレチノイン酸が必須であるという2004年の報告を皮切りに、消化管免疫機能におけるレチノイン酸の重要性が次々と明らかになってきています。Dr. Yasmine Belkaidは今では当たり前となった免疫寛容機能における役割に加えて、レチノイン酸はエフェクター機能の発現にも必須であるという最新の研究成果を講演してくれました。また、同研究室のSean Spencer氏は、機能未知である腸管好酸球へのレチノイン酸の関与を明らかにしてくれました。さらに衝撃を受けたのは、レチノイン酸がT細胞の消化管へのホーミング機能を付加するという特性に着目し、アジュバントとして用いるという試みでした。Dr. Swantje HammerschmidtやDr. David Haym Schwartzはそれぞれ非消化管部位である皮下へのワクチン接種時にレチノイン酸を直接打つ、あるいはビタミンAがより優位に機能する環境を作ることで、消化管の免疫機能を賦活化するという全く新しいアプローチを示し、自分にとってそれはまさに青天の霹靂でした。これらは栄養素が特定部位に対して発揮する機能・特性が理解され、その応用によって新しい治療手段が確立されていく流れの一例でありますが、今後同様のことが他の栄養素や病態でも応用されることを確信させられるものがありました。

また、今回の学会では、前述の先生方や若い研究者の方々と親交を深めることができました。自分の参加したポスターセッションや、円卓を囲っての食事の際に交わした会話は、今回の学会で得た知識と同様に、大きな財産となったと思います。最後ではありますが、今回初めてお会いしたにも拘わらず親身にして頂き、旅まで同行させて頂きました横浜理化学研究所の大野博司博士、福田真嗣博士にこの場を借りて厚くお礼を申し上げます。

文責・武村

8月28日からドイツで行われたInternational Conference on Systems Biology (ICSB) に参加しました。ICSBへの参加は昨年のエジンバラに引き続き二回目となります。今年のICSBはハイデルベルクと銘打たれていますが、実際の開催場所は近郊の都市マンハイム。ハイデルベルクではこの学会に付属したtutorialやworkshopが開催されました。今回はこのtutorialにも参加してみました。

Tutorialでは10個近くのセッションがパラレルに行われているので、どのセッションに出るべきか迷うところです。今回は今後の研究に関わりがありそうなnetwork inferenceとheterogeneous cell populationに関するセッションに参加してみました。Network inferenceはマイクロアレイやRNA-seqなどのデータを基に細胞内でのgene regulatory networkの構造情報を抜き出す手法です。従来のクラスタリングによる関連遺伝子の候補選別よりももう少し踏み込んで要素間の構造の推定までを行います。セッション自体はテクニカルな説明に多くの時間が割かれており、実際の応用上どこまで役に立つのかまではわかりませんでしたが、既存のツールを使うだけであれば比較的簡単に試してみることが出来そうでした。ただ、推定できるネットワークの大きさの理論的な限界はデータの数と同程度とのことで、実際の応用のためには大量のHigh-throughputデータが必要になるのは間違いなさそうです。また、Heterogeneous cell populationのセッションでは三人の講演者がそれぞれ細胞集団の増殖モデル、細胞内パラメータの不均一さに基づくモデル、シミュレーションに基づく確率モデルの説明を行っていました。三人の講演者ともバックグラウンドは工学であるとのこと。私も物理出身ですが、システム生物学にはいろいろなところから研究者が流れ込んでいるということを改めて感じました。

マンハイムでの本会議には、プレナリーセッションとパラレルセッションの二つがあります。プレナリーセッションでは、大きな研究グループのリーダーがこれまでの研究を総括し、システム生物学的アプローチを用いてバイオロジーとして面白い研究を行う様子を華々しく披露していくのに対し、パラレルセッションではその舞台裏に隠されたテクニカルで泥臭い部分に関する講演が中心になります。そういう意味ではパラレルセッションの方がより具体的で実用的です。例えば、プレナリーセッションではわずか一枚のスライドで示されがちな数学模型の構築ですが、パラレルセッションでは模型のパラメータ推定やその検証方法等、数学模型にまつわる個別の問題に関する議論も盛んに行われています。これらの講演のなかでも、粒子法を用いた細胞の時空間モデリングの手法を紹介した講演は印象的でした。イメージングのデータを直接利用することで、(部分的な切り口ではありますが)細胞内の構造を忠実に計算機内で再現していく手法は見事でした。

ところで、今回の学会での最大の収穫は、他のシステム生物学の研究者との交流、とりわけ、日本人の研究者の方々との交流の機会を得たことだったかもしれません。海外にまで出かけて行った成果としては意外な感じかもしれませんが、システム生物学の分野はまだ歴史が浅いため、日本では同じ分野の研究者と出会う機会がなかなかありません。このあたりは、海外と比べて我々が出遅れている部分だと思います。しかし、これからシステム生物学の分野で世界と戦っていくためには、まずは日本人同士で協力し、情報、技術交換や共同研究を盛んにしながら切磋琢磨していく体制を整える必要があると思います。ICSBはシステム生物学に特化した最も大きな学会で、また、海外であることが手伝い、日本人同士であれば、それだけで気楽に話しかけられる雰囲気があります。レセプションやポスター発表などの機会に沢山の研究者の方と情報交換できたことは今後の大きな財産になると思います。

文責:寺口

今回、スペイン バルセロナで開かれました『macrophage and inflammation conference』に行って来ました。

学会の名の通りマクロファージの話ばかりの学会で、特にM2マクロファージの内容がメインに話される予定でした。 現在、私もマクロファージに興味を持って研究を行っていることもあり、7月頃に審良先生からこの学会を推薦されて、参加させて頂きました。初めて単身で行く海外ということもあり緊張と不安な気持ちもありましたが、先生からこの学会のお話を頂いた際に、『一人で海外の学会に行って、様々な考えを持った研究者と知り合いになり、彼らが考えていることに直に触れる事も大切』と言われていたので、これも自分を成長させる機会だと思い、楽しみでもありました。

学会会場は、バルセロナの中心部に1700年代から建っている歴史的な病院が改装された建物で行われました。いざ発表が始まり、世界のトップクラスの研究者の現在考えている内容に触れて、非常に刺激的なデータ、あっと驚くような意外なデータを多々聞く事ができて、自分の知識の乏しさを改めて実感しました。しかし、自分のポスターの前には今までに無いくらいの人が集まってくれて、様々な質問を受けました。そんな中、M2マクロファージの研究における著名な先生方であるDr. Albert MantovaniやDr. Siamon Gordonらも私のポスターの前にいらしてくれて話をしました。今まで何度も何度も彼らの論文を読んでいたのですが、そんな尊敬するAlbert氏が、私の首からさがっているネームプレートを見るやいなや『jumonji boy! 』と言って笑顔で握手を求めてくれた事が嬉しかったです。

発表の合間の休憩時間にいすに座ってノートを纏めていると、今回論文が通った雑誌のeditorにも声をかけられ、その後一緒にお昼を食べて、今自分の興味を持っている研究について尋ねられたり、それ以外では日本の漫画の事や美味しい饂飩のお店の話をしたりして盛り上がりました。

非常に刺激的な5日間で、今まで学会は受身になって発表を聞いていることが多かったのですが、今回は特に自発的に参加できました。そして、この学会を通して同じ分野で研究を行っている仲間が世界中にできて、学会の参加を決めた当初に審良先生から戴いた言葉の大切さも実感できました。これからもこの貴重な知識、研究に対する物の考え方や人と人との繋がりを普段の研究に活かしていきたいと思います。

文章 佐藤荘



so-spain.JPG
spain satoso2.JPG



IFReCと中国免疫学会(Chinese Society for Immunology; CSI)の合同シンポジウムに参加してきました。当研究室からは、審良教授と竹内准教授、そして河合の3名が参加しました。上海の隣の杭州にある西湖という風光明媚な湖沿いの宿泊施設で開催されました。50名ほどの小規模なシンポジウムでしたが、宿泊も食事も皆同じの合宿形式だったこともあり、両国参加者同士の交流が深まりたいへん有意義な会でした。

詳しくはコチラをご覧下さい。

文章:河合

去年に引き続き、International Conference on Systems Biologyに参加しました。今年はEdinburghで開催されましたが、ポスターセッションも盛況で、会場が小さく感じられました。例年私一人で参加しておりましたが、今年は当研究室のポスドク、寺口さんと一緒に参加し、時にはそれぞれ別のセッションを見たり、同じセッションを見ては意見を交換したりと有意義に過ごせたと思います。

Plenary Lectureは軒並みhigh-throughputな方法論を用いた遺伝子のスクリーニングや、細胞内の全mRNA量、全代謝産物、全タンパク質、全タンパク質複合体(!)の定量的解析、といった大規模な実験系によって得られた情報を基にした解析が主でした。ChIP-seqのような技術は完全に陳腐化しており、技術をどのように使うかというアイデア勝負の時代に入っていることが明確でした。また、我々のラボでは遺伝子ノックアウトマウスの系を用いていますが、このような大規模スクリーニングとどう渡り合うか、ということに危機感を感じました。

今年は去年のようにimmunologyと銘打ったセッションはなかったものの、immunologyのみならず、Toll-like receptorというより特殊なキーワードが入った発表がいくつかありました。数理的なアイデアを用いた解析は、発生、神経などではよく見られますが、免疫の分野にもその波が押し寄せてきているように感じました。

一方で、Plenary Lectureの中でもactin polymerizationの研究がありましたが、生化学的な手法を駆使して様々な速度論的パラメータを決定し、モデルを打ち立てていくそのスタイルには執念のようなものを感じました。空の上を浮かぶような、大規模なデータや数学のみに頼った研究だけでも駄目だ、と諭されているような気分になりました。

当たり前のことですが、数学や物理のアイデアを取り入れつつ、大規模なデータ解析を行ない、かつやはり我々は生物を扱う限り、その物質的側面を忘れるべきではないということでしょう。去年と同様、どう免疫をsystemとして解析し、表現するかということを考えさせられました。しかし、今年は去年と違いIFReCはバイオインフォマティクスや物理学のできる共同研究者が増え、いくつか具体的なアイデアも得ることができ、これから先の楽しみが増えたと感じながら帰途につきました。

文章:熊谷

ページトップへ