IMG_1056.jpg

当研究室は、自然免疫を中心に研究を行っています。自然免疫は病原微生物の侵入に際しもっとも初期に発動され、炎症反応の誘導や獲得免疫の成立などに重要な役割を果たしている生体防御機構です。私達はこれまで、Toll-like receptor (TLR)ファミリーやRIG-I-like receptor (RLR)による病原体認識メカニズムならびに細胞内情報伝達経路、また感染防御や獲得免疫成立におけるこれら受容体の役割を中心に研究してきました。
今後は、自然免疫系の複雑性の理解や免疫疾患のための新たな制御法の開発も視野に入れ、生体内イメージング、システムバイオロジー、トランスレーショナル研究なども取り入れながら研究を展開していきたいと考えています。
P4041200.JPGのサムネール画像のサムネール画像

P6131138.JPG








ページトップへ