佐藤 荘:准教授


2015-02-10-23-57-16_photo.jpg
Takashi Satoh 


【研究内容】 

 

自然免疫の司令塔であるマクロファージは最近の研究からM1/M2型にわけられると考えられています。しかし、この単純な2種類の振り分け方では説明がつかない現象が見られつつあります。

そこで私は、M1/M2という考えではなく、体の中には様々な種類のマクロファージ(疾患特異的マクロファージ)が存在していると考え研究を進めています。様々な疾患に関わるマクロファージを探し出し、それらが自分たちの職場でどういった仕事をしているのか、さらにどの様にして生まれ、死んでいくのかを調べています。これらの研究、すなわち『疾患特異的マクロファージの揺りかご~墓場まで』の研究が、アレルギー・メタボリックシンドローム・癌といった病気の治療につながるように日々頑張っています。


スライド1.JPG


 

フォームの終わり

【論文】 10報を選出)

10) Identification of an atypical monocyte and committed progenitor involved in fibrosis

Satoh T, Nakagawa K, Sugihara F, Kuwahara R, Ashihara M, Yamane F, Minowa Y, Fukushima F, Ebina I, Yoshioka Y, Kumanogoh A, Akira S.

Nature, 2016 Dec 22 doi:10.1038/nature20611


9Contrasting roles of histone 3 lysine 27 demethylases in acute lymphoblastic leukaemia

Ntziachristos P, Tsirigos A, Welstead GG, Trimarchi T, Bakogianni S, Xu L, Loizou E, Holmfeldt L, Strikoudis A, King B, Mullanders J, Becksfort J, Nedjic J, Paietta E, Tallman MS, Rowe JM, Tonon G, Satoh T, Kruidenier L, Prinjha R, Akira S, Van Vlierberghe P, Ferrando AA, Jaenisch R, Mullighan CG, Aifantis I.

Nature. 2014 Aug 17. doi: 10.1038/nature13605


8)Malt1-induced cleavage of regnase-1 in CD4(+) helper T cells regulates immune activation.

Uehata T, Iwasaki H, Vandenbon A, Matsushita K, Hernandez-Cuellar E, Kuniyoshi K, Satoh T, Mino T, Suzuki Y, Standley DM, Tsujimura T, Rakugi H, Isaka Y, Takeuchi O, Akira S.

Cell. 2013 May 23;153(5):1036-49.


7) Critical role of Trib1 in differentiation of tissue-resident M2-like macrophages.

Satoh T, Kidoya H, Naito H, Yamamoto M, Takemura N, Nakagawa K, Yoshioka Y,

Morii E, Takakura N, Takeuchi O, Akira S

Nature. 2013 Mar 28;495(7442):524-8.

 

6)The IκB kinase complex regulates the stability of cytokine-encoding mRNA induced by TLR-IL-1R by controlling degradation of regnase-1.

Iwasaki H, Takeuchi O, Teraguchi S, Matsushita K, Uehata T, Kuniyoshi K, Satoh T, Saitoh T, Matsushita M, Standley DM, Akira S.

Nat. Immunol. 2011 Oct 30;12(12):1167-75

 

5) Antiviral Protein Viperin Promotes Toll-like Receptor 7- and Toll-like Receptor 9-Mediated Type I Interferon Production in Plasmacytoid Dendritic Cells.

Saitoh T, Satoh T, Yamamoto N, Uematsu S, Takeuchi O, Kawai T, Akira S.

Immunity. 2011 Mar 25;34(3):352-63.

 

4) The JMJD3-IRF4 axis regulates M2 macrophage polarization and host responses against helminth infection.

Satoh T, Takeuchi O, Vandenbon A, Yasuda K, Tanaka Y, Kumagai Y, Miyake T, Matsushita K, Okazaki T, Saitoh T, Honma K, Matsuyama T, Yui K, Tsujimura T, Standley DM,Nakanishi K, Nakai K, Akira S.

Nat Immunol. 2010 Oct;11(10):936-44

 

3)LGP2 is a positive regulator of RIG-I- and MDA5-mediated antiviral responses.

Satoh T, Kato H, Kumagai Y, Yoneyama M, Sato S, Matsushita K, Tsujimura T, Fujita T, Akira S, Takeuchi O

Proc Natl Acad Sci U S A. 2010 Jan 26;107(4):1512-7.


2)The CCCH-type Zinc finger protein, Zc3h12a, is a ribonuclease essential for controlling immune responses by regulating mRNA decay.

Matsushita K, Takeuchi O, Standley DM, Kumagai Y, Kawagoe T, Miyake T, Satoh T, Kato H, Tsujimura T, Nakamura H, Akira S.

Nature. 2009 Apr 30;458(7242):1185-90.

 

1)Loss of the autophagy protein Atg16L1 enhances endotoxin-induced IL-1betaproduction.

Saitoh T, Fujita N, Jang MH, Uematsu S, Yang BG, Satoh T, Omori H, Noda T,

Yamamoto N, Komatsu M, Tanaka K, Kawai T, Tsujimura T, Takeuchi O, Yoshimori T, Akira S.

Nature. 2008 Nov 13;456(7219):264-8.

  

 【招待講演】

57) "患特異的マクロファージの機能的多様性"

43回皮膚科免疫セミナー, 2019/3/2, 経団連会館 国際会議場


56) "患特異的マクロファージの機能的多様性"

第3回個体の中の細胞社会学ワークショップ, 2019/1/11, 京都大学ウイルス・再生医科学研究所


55) "患特異的マクロファージの機能的多様性"

第7回AAA, 2019/1/8, 都市センターホテル


54) "患特異的マクロファージの機能的多様性"

第10回Advans, 2018/12/15, ホテルグランドパレス


53) "Study of mechanism for fibrosis onset"

第47回免疫学会学術集会, 2018/12/12, 福岡国際会議場


52) "マクロファージに関する最近の展望と臨床応用 疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

第3回日本臨床免疫腫瘍再生細胞療法研究会, 2018/10/18, 横浜ランドマークタワー


51) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

第6回気道病態研究会, 2018/10/11, ホテル東日本


50) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

第21回間質性肺炎細胞分子病態研究会, 2018/8/25, 砂防会館


49) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

第50回動脈硬化学会総会, 2018/7/13, 大阪国際会議場


48) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性 礎研究から臨床応用へ"

OYCシンポジウム, 2018/6/15, 日本工業倶楽部会館


47) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性 ~基礎研究から臨床応用へ~"

CAMDセミナー, 2018/5/30, 国立長寿医療研究センター


46) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性 "

第61回 日本糖尿病学会学術総会, 2018/5/25, 東京国際フォーラム


45) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性 ~線維症に関与するマクロファージ~"

第58回 日本呼吸器学会学術総会, 2018/4/29, 大阪国際会議場


44) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

第91回 日本内分泌学会学術総会, 2018/4/27, シーガイアコンベンションセンター


43) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性 ~基礎研究から臨床応用への第一歩~"

第767回 生医研セミナー, 2018/2/28, 九州大学 生体防御医学研究所


42) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性 -基礎研究から臨床応用へ-"

第2回 IPF Academy, 2018/2/27, 宮崎大学 医学部


41) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

第2回Fibrosis, 2018/2/17, 名古屋TKPカンファレンスセンター


40) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性 -基礎研究から臨床応用へ-"

第60回神戸血液病研究会, 2018/2/9, 三宮研修センター


39) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性 基礎研究から臨床応用への第一歩"

Hepato-Diabetology Conference, 2018/2/9, MSD(株) 本社


38) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

京都大学 皮膚科 第31回免疫セミナー, 2018/1/30, 京都大学医学部皮膚科


37) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性  =臨床への応用への第一歩="

京都府立医科大学第4回免疫セミナー, 2018/1/26, 京都ANAクラウンプラザホテル


36) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

脳心血管抗加齢研究会, 2017/12/16, 梅田スカイビル


35) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

京都大学腎臓内科セミナー, 2017/12/4, 京都大学医学部付属病院


34) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

呼吸器内科レジデント懇話会, 2017/10/27, ホテル阪急インターナショナル


33) "Functional diversity of disorder-specific macrophage subtype"

第79回 日本血液学会学術集会, 2017/10/20, 東京国際フォーラム 


32) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

第45回 日本臨床免疫学会,2017/9/28, 京王プラザホテル


31) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

桜山ウイルス研究会,2017/9/15,  名古屋市立大学医学部


30) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性の基礎研究と臨床応用"

大塚製薬講演会,2017/9/11, 大塚製薬研究所


29) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性"

Molecular Cardiovascular Metabolic Conference,2017/9/1, 神戸ベイシェラトンホテル


28) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性と臨床への応用への第一歩"

新潟分子心血管セミナー, 2017/7/27, 新潟大学医学部


27) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性と臨床への応用への第一歩"

NEXT Forum 2017, 2017/7/19, 東京コンファレンスフォーラム


26) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性とその臨床への応用"

第38回 日本炎症・再生医学会, 2017/7/19, 大阪国際会議場


25) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性とその臨床への応用"

第13回 麒麟塾, 2017/7/1, コクヨホール


24) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性と分化機構の研究"

第27回 日本樹状細胞研究会, 2017/6/30, 京王プラザホテル


23) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性とその臨床への応用への第一歩"

国立国際医療センター 第30回肝疾患研究部研究会, 2017/5/19, 国立国際医療センター


22) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性の研究"

異分野融合ワークショップ, 2017/3/28, NAIST


21) "疾患特異的マクロファージの機能的多様性とその臨床への応用"

京都循環器カンファレンス, 2017/3/24, 京都大学 芝蘭会館


20) "Functional diversity of disorder-specific macrophage subtype"

疾患生物学シリーズ, 2017/2/10, 理化学研究所


19)  "Functional diversity of disorder-specific macrophage subtype"

CVMW 2016, 2016/12/16, 東京コンベンションホール


18) "疾患特異的マクロファージの多様性"

名古屋大学、環境医学研究所セミナー, 2016/11/17, 名古屋大学


17) "疾患特異的マクロファージサブタイプの分化機構の解明"

第89回 日本生化学会大会, 2016/9/27, 仙台国際センター


16) "疾患特異的マクロファージサブタイプの基礎研究と創薬応用への展望"

和歌山県立医科大学, 医学部セミナー, 2016/6/17, 和歌山県立医科大学


15) "疾患特異的マクロファージサブタイプの基礎研究と創薬応用への展望"

第1回 岡山大学病院・移植推進拠点病院セミナー, 2016/3/26, 岡山コンベンションセンター


14)"Study of physiological role and differentiation mechanism of disorder-specific macrophage subtypes"

第44回日本免疫学会学術集会, 2015/11/18-20, 札幌コンベンションセンター


13)"疾患特異的M2マクロファージと臓器記憶"

Organ Memory and Vasculo-Metabolic Niche international Symposium

2015/8/23, Tokyo Convention holl


12) "疾患特異的M2マクロファージと自然免疫".

第1回 Neo Vitamin D Workshop, 2015/8/28-8/29, 大津プリンスホテル


11) "Physiological role and differentiation mechanism of disorder-specific M2 macrophages".

6th international symposium of IFReC, 2014/2/23-2/24, グランフロント大阪


10) "疾患特異的M2マクロファージ~創薬応用への第一歩".

17回 骨代謝研究会, 2014/11/29, 慶応大学医学部付属病院


9) 樹状細胞・マクロファージ "組織常在型M2マクロファージの新たな役割の解明".

42回日本臨牀免疫学会総会, 2014/9/25-9/27,京王プラザホテル

 

8) "疾患特異的M2マクロファージの発見とその制御に向けて".

7回 SYMPHONY, 2014/9/14-9/15,ホテルメトロポリタンエドモント飯田橋

 

7)"疾患特異的M2マクロファージ~現代人が苦しむ様々な疾患制御の展望~"

第14回Clinical Science Club, 2014/7/30, 慶應義塾大学大学病院

 

6) 動脈硬化と炎症 "疾患特異的M2マクロファージ".

第46回日本動脈硬化学会 総会・学術集会, 2014/7/10-7/11,京王プラザホテル

 

5) 自然免疫とアレルギー"M2マクロファージとアレルギー".

26回日本アレルギー学会春季臨床大会, 2014/5/9-5/11, 国立京都国際会館

 

4) M2マクロファージの役割と分化ー疾患特異的M2マクロファージの制御ー

第10回宮崎サイエンスキャンプ, 2014/2/14-2/16, 宮崎シーガイアコンベンションセンター

 

3)Physiological role and differentiation mechanism of M2 macrophages.

第42回日本免疫学会学術集会, 2013/12/11-13, 幕張メッセ

 

2) M2マクロファージの機能と分化メカニズム

The physiological roles and differentiation mechanism of M2 macrophages

6回 寄生虫感染免疫研究会, 2013/3/8-9, 大分大学医学部

 

1) The physiological differentiation mechanism of M2 macrophages.

The 20th international symposium on molecular cell biology of macrophages 2012

2012/6/15-16, 東京大学

 

【受賞歴】

8) 平成29年度 大阪大学賞 


7) 平成29年度 麒麟児賞 

 

6) 平成29年度 文部科学大臣若手科学者賞

 

5) 平成28年度 大阪大学微生物病研究所研究業績発表会 優秀賞

 

4) 平成27年度 大阪大学総長奨励賞

 

3) 平成26年度 日本免疫学会研究奨励賞

 

2) 平成22年度 大阪大学微生物病研究所研究業績発表会 最優秀賞

 

1)   平成21年度 大阪大学医学系研究科博士課程 優秀賞

 

 

【産学連携研究活動】

現在、私のグループでは疾患特異的マクロファージをテーマとし、製薬企業の方々と精力的に共同研究を進めています。

これらの細胞群の各対象疾患への寄与の特異性の高さから、それらをターゲットとした創薬展開を推進すれば、非常に副作用の少ない薬が創出されることが予測されます。疾患特異的マクロファージをターゲットとして、これまでに存在していなかったアンメットメディカルニーズの開発私のグループと一緒に行って頂ける製薬企業の方々、または一緒にその研究を進めてみたい意欲的な大学院生、学生の方を随時募集しております。共同研究、及び大学院進学に関する御質問等がございましたら、a-office@biken.osaka-u.ac.jpまで宜しく御願い致します。


-共同研究企業の方々 (研究開始順)-

main_corporate.jpg









chugai-logo.png










200809251459561_188.jpg











astellas_cm[1].jpg







imgres.jpgのサムネール画像のサムネール画像







imgres.png










【総説】

27 佐藤荘 最新医学71巻11月増刊号[慢性炎症性疾患の新たな展開・慢性炎症疾患と疾患特異的マクロファージサブタイプの機能多様性] 最新医学社 201611月号 Vol. 64., no1


26佐藤荘  医学のあゆみ [マクロファージのすべて・M2マクロファージの機能的多様性~疾患特異性とマクロファージサブタイプとの関連~] 医歯薬出版 201610月号 


25 佐藤荘  医学のあゆみ 疾患特異的M2マクロファージとメタボリックシンドローム] 医歯薬出版 20165月号 Vol. 257, No.6


24 佐藤荘、審良静男  臨床免疫・アレルギー科[疾患特異的M2マクロファージの生体内での役割と分化機構] 科学評論社 20157月号 Vol. 64., no1


23)  佐藤荘、審良静男. Respiratory medical research [アレルギー制御とエピジェネティクスーM2マクロファージの観点からー] 先端医学社 20157月号 Vol.3., no3


22)  佐藤荘、審良静男炎症と免疫 [M2マクロファージ分化とクロマチン制御] 先端医学社 20155月号 Vol.23., no3


21)佐藤荘. Therapeutic Research [疾患特異的M2マクロファージの分化機序と生理的役割の解明] ライフサイエンス出版 2014 Vol.35., no.9


20)佐藤荘、審良静男. BIO Clinica[慢性炎症と疾患/代謝・内分泌系の慢性炎症] 北隆社 2015年1月号.  「疾患特異的M2マクロファージの代謝性疾患における役割


19) 佐藤荘、審良静男. Annual review[糖尿病・代謝・内分泌2015] 中外医学社. 20151月号. 「疾患特異的M2マクロファージとメタボリックシンドローム」


18佐藤荘、審良静男. 炎症と免疫[マクロファージ研究のパラダイムシフト] 先端医学社. 2014年11月号.  「M1/M2 マクロファージと代謝疾患

 

17) 佐藤荘、審良静男 . 感染・炎症・免疫  「慢性炎症とマクロファージ」 羊土社. 201410月号.

 

16) 佐藤荘、審良静男 . 血管医学 [単球・マクロファージの多様性と病態] メディカルレビュー社. 20146月号. 「M2型マクロファージ分化の分子機構」 

 

15) 佐藤荘、審良静男  医学のあゆみ [医学・医療の今が分かるキーワード2014]  医歯薬出版.2495号 20145月号 「自然免疫から疾患特異的M2マクロファージへ」

 

14) 佐藤荘、審良静男  BIO Clinica 20144月号. 北隆館.(特集「自然免疫と疾患」)[M2マクロファージとメタボリック疾患]

 

13) 佐藤荘、審良静男  アレルギー 62巻 12. 日本アレルギー学会. (特集記事「専門医のためのアレルギー学講座」第14回 アレルギー基礎研究の最近の進歩:トピックス2 [M2マクロファージとアレルギー]

 

12) 佐藤荘、審良静男  実験医学10月増刊号 vol.31 No.17. 羊土社. (アレルギー研究の最前線~メカニズムのトピックから最新技術の導入・臨床応用まで~ マクロファージの多彩な種類とその機能 [M2マクロファージ分化のエピジェネティック制御を中心に]

 

11) 佐藤荘、審良静男 別冊「医学のあゆみ」 自然免疫Update 研究最前線. 医歯薬出版. (自然免疫にかかわる細胞研究の最前線 10[M2マクロファージの分化機構およびその生体内での役割の解明]

 

10) 佐藤荘、審良静男  医学のあゆみ 24611. 医歯薬出版. (TOPICS [M2マクロファージのあたらしい作用 組織常在型M2様マクロファージとメタボリックシンドローム]

 

9) 佐藤荘、審良静男  実験医学"Neurovascular Unit 神経-血管-グリアのユニットが脳と体を支配する" Vol.31 No.14. 羊土社.[トピックス 組織常在型M2様マクロファージ分化におけるTrib1の重要性]

 

8) 佐藤荘、審良静男  2431号 " M2マクロファージの分化機構及びその生体内での役割の解明" 自然免疫Up date 研究最前線「医学のあゆみ」

 

7) 佐藤荘、審良静男 701301号 "M2マクロファージ分化の分子メカニズムとその生理的役割" 増刊号「分子標的薬」-癌から他疾患までの治癒を目指して-

 

6) 佐藤荘、竹内理、審良静男 23713号  "脱メチル化酵素JMJD3によるマクロファージ分化制御" 免疫エピジェネティックス研究「医学のあゆみ」

 

5) 佐藤荘、竹内理、審良静男 第41巻 第1   "Jmjd3irf4を介してM2マクロファージの活性化、及び寄生虫感染に対する生体防御応答を制御している"「感染・炎症・免疫」

 

佐藤荘、竹内理、審良静男  "M2マクロファージへの分化制御" 「アレルギー・免疫」

 

佐藤荘、竹内理、審良静男 "Jmjd3IRF4を介してM2型マクロファージへの分化および生虫感染に対する生体防御応答を制御している" 「ライフサイエンス 新着論文レビュー」文部科学省委託研究開発事業「統合データベースプロジェクト」 

 

2) 佐藤荘、審良静男. Vol 1, Page 96-97 2008年ウイルスと疾患"ウイルスと自然免疫". ウイルスハンドブック

 

1)佐藤荘、審良静男. Vol 22, No.2, Page 160-161 2007年 ウイルスと自然免疫. DDS

 


ページトップへ